アセトンにアレルギーのある方

爪が薄い、弱い方

当店では「フィルイン」というアセトンを使わない方法で

ジェルネイルの付け替えを行っています✨

従来のアセトンを使う方法では、

ベースのジェルまでオフしたあと

さらに全体をファイルし直しますので

自爪に大きな負担がかかってしまいます。

一層残しとも言われる「フィルイン」は

マシンやファイルを使ってベースの上のカラージェルだけを削り落とします。

この方法だと自爪へのダメージが最小限で済みますので

爪の弱い方や、薄い方も

爪を休める(ネイルをお休みする)ことなく

新しいジェルに付け替えることが可能です♬

一層残し<フィルイン> 従来の方法<アセトン>
メリット
爪が薄くならない
爪や指先が乾燥しない
アセトンにアレルギーのある方も安心
自爪への負担が少ない
メリット
手軽
デメリット
爪に負担がかかり、もろくなる
乾燥しやすくなる

基本的には自爪の上のベースを1層だけ残して

そこに新しいジェルを乗せるのですが

お爪の状態や前回の施術からの期間

ベースネイルの状態(浮き等)によって

処理の仕方が変わってきます。

フィルインネイルの難しいところは

このベースや自爪の状態からどう処理するかを判断するところ。

マシンの使い方にも、知識と豊富な経験が必要になります。

当店での付け替えの流れ

 

4週間経過後のお客様ネイルです。

前回はLINE FILM nurie×mao gelでした✨

根本が伸びていますね。

親指のみアップで。

トップとカラージェルのみ、マシンで削っていきます。

カラージェルを削り落として、ベースが残っている状態です。

よく見ていただくと、rallegrareの文字の辺りに境目があります。

長さ、形を整えて甘皮処理をしました。

新しく伸びてきた部分を含めて、ベースを塗り

新しいジェルをのせます

ボルドー×水彩ローズの秋ネイルに生まれ変わりました✨

セルフネイルでリムーバーを使われていたこちらのお客さま

指先や爪が乾燥して白くなったり、

時にはリムーバーがしみてピリピリしていたとのことですが

当店でフィルインをするようになってからは

指先が乾燥しなくなり、爪が割れてしまうこともなくなった

とのことです♡

自爪への負担を最小限に、ネイルを楽しみたい方

ご来店をお待ちしております♬